第二種電気工事士(筆記・技能試験)【合格への勉強方法】

配線工事場所の覚え方

施設場所によって、できる電気配線方法が変わってきます。
配線種類もたくさんあり、また施設場所の条件もいろいろあるので、完璧に覚えようと思うとやになってしまいます。
こういう時は、おおざっぱに覚えてしまいましょう。

※ 表を作るのは大変なので省略します。参考書を見てくださいね。

 

■覚え方

  1. ケーブル工事と管工事(金属・合成樹脂・可とう)は、どこでも施工できる。
  2. がいし引き工事は、「点検できな場所」以外は施工できる。
  3. ダクトと線ぴ工事は、ほとんど施工できない。

とりあえずこれで覚えておけば十分です。
余裕があれば細かく覚えていきましょう。

【スポンサードリンク】出張時ホテル予約は最安値で宿泊しちゃいましょ!プライベートもOK

 

『トリップアドバイザー』

『トリバゴ』

 

関連記事

  1. スイッチ「確認表示灯」と「位置表示灯」
  2. コンセント記号の覚え方
  3. 最小電線本数問題の解き方
  4. 一般用電気工作物の出力の覚え方
  5. 絶縁抵抗値の暗記方法
  6. 分岐回路ブレーカーの距離緩和
  7. ブレーカー・電流・コンセントの関係
  8. 電流減少係数の覚え方
  9. 合成インピーダンスの計算方法
  10. 合成抵抗計算公式の覚え方

トラックバックURL

http://denkikoujishi.net/haisenkoujibasyo/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です