第二種電気工事士(筆記・技能試験)【合格への勉強方法】

絶縁被覆挟み込みの裏技手直し方法

「ランプレセプタクルにねじ止めする時に、絶縁被覆を挟み込んだらどうしますか?」
これ、実際の技能試験の時に私がやってしまったミスです。

 

練習の時は一度も噛み込んだことがなかったので、パニックになりました。
出題された問題が13問中で一番時間のかかる問題だったので、
「輪作りを作り直して、他に何かまたミスったら時間に間に合わなくなるのでは・・・」

「何かいい方法はないか?」
「もうだめかな・・・」
と、対処方法をしらないと時間のない技能試験ではパニックになります。

 

もし絶縁被覆を挟み込んでしまったら、輪作りを作り直さずに下図の要領で手直ししてください。

 

hasamikomi1

挟み込んでしまう分の絶縁被覆をケーブルストリッパーで切れ目を入れます。

hasamikomi2

ニッパーで剥ぎ取る絶縁被覆を切ります。

※指定工具にないですが、ニッパーは100均で買ってくださいね!

hasamikomi3

ニッパーつまんで引っ張ると、簡単に絶縁被覆が剥ぎ取れます。

【スポンサードリンク】出張時ホテル予約は最安値で宿泊しちゃいましょ!プライベートもOK

 

『トリップアドバイザー』

『トリバゴ』

 

関連記事

  1. 候補問題きれいに作るか?
  2. 技能試験 作業時間の目標
  3. 作業スペースと板紙
  4. リングスリーブ圧着のコツ
  5. きれいに素早く接続するコツ
  6. VVR介在物の取り方のコツ
  7. コネクタ接続は時短のチャンス
  8. 失敗した時の対策
  9. 時間短縮!手数を減らす裏技
  10. 電線切断の時間短縮裏技

トラックバックURL

http://denkikoujishi.net/hifuku-tenaosi/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です