第二種電気工事士(筆記・技能試験)【合格への勉強方法】

電線被覆剥ぎのコツ

ケーブル剥ぎと同様に電線の被覆剥ぎも繰り返しおこなう作業です。
ここでモタモタしていると時間がなくなってしまいます。
出来るだけすんなり進めて、作業に集中できようにしておきましょう。
電線の被覆剥ぎのコツを紹介しています。
繰り返し練習して、意識しなくても自然にできるようにしましょう。

 

電線被覆剥ぎ1 電線を力をいれて、ケーブルストリッパーでしっかり挟み込みます。
電線被覆剥ぎ2

しっかり挟んだまま、電線を少し回すように奥側へ指で送ります。

電線被覆剥ぎ3

今度は手前へ指で電線を戻します。

電線被覆剥ぎ4

指で被覆を引き抜きます。

【 注 意! 】
電線の心線が傷ついていないか確認してください。
傷ついている場合は、挟む力加減や電線の回す量を調整してみてください。

電線被覆剥ぎ5  

被覆が完全に切り離されたら、指で被覆を回すように引っ張りながら被覆を剥ぎます。

【 注 意! 】
ケーブルストリッパーで剥ぐと心線を傷付ける事があるので、注意してください。

電線被覆剥ぎ7

ある程度抜けてきたら、引っ張り一気に被覆を剥ぎ取ります。

【スポンサードリンク】出張時ホテル予約は最安値で宿泊しちゃいましょ!プライベートもOK

 

『トリップアドバイザー』

『トリバゴ』

 

関連記事

  1. 候補問題きれいに作るか?
  2. 技能試験 作業時間の目標
  3. 絶縁被覆挟み込みの裏技手直し方法
  4. 作業スペースと板紙
  5. リングスリーブ圧着のコツ
  6. きれいに素早く接続するコツ
  7. VVR介在物の取り方のコツ
  8. コネクタ接続は時短のチャンス
  9. 失敗した時の対策
  10. 時間短縮!手数を減らす裏技

トラックバックURL

http://denkikoujishi.net/hifukuhagi/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です