第二種電気工事士(筆記・技能試験)【合格への勉強方法】

一般用電気工作物の出力の覚え方

一般用電気工作物になる発電設備の覚え方です。
参考書には、下記のように書かれています。

 

  • ・太陽電池発電は、出力0kW未満
  • ・風力及び水力は、出力0kW未満
  • ・内燃力及び燃料電池発電は、出力10kW未満

 

要するに、危険の少ない発電方法の方が大きな出力まで、一般用電気工作物になるということです。

 

覚え方は、
太陽が一番安全で、その次は風や水、そして燃料系は一番危険で、数値は
×10(ごに、じゅう)」
実際は、5が50で2が20なんですが、こんな覚え方でいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】出張時ホテル予約は最安値で宿泊しちゃいましょ!プライベートもOK

 

『トリップアドバイザー』

『トリバゴ』

 

関連記事

  1. スイッチ「確認表示灯」と「位置表示灯」
  2. コンセント記号の覚え方
  3. 最小電線本数問題の解き方
  4. 絶縁抵抗値の暗記方法
  5. 配線工事場所の覚え方
  6. 分岐回路ブレーカーの距離緩和
  7. ブレーカー・電流・コンセントの関係
  8. 電流減少係数の覚え方
  9. 合成インピーダンスの計算方法
  10. 合成抵抗計算公式の覚え方

トラックバックURL

http://denkikoujishi.net/ippannyoudennkikousaku/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です