第二種電気工事士(筆記・技能試験)【合格への勉強方法】

ケーブルストリッパー選び方

ケーブルストリッパーを買う時には注意が必要です。

 

先日ホームセンターに行った時に、工具売場で
『第二種電気工事士試験 推奨品』
といううたい文句で、大々的にケーブルストリッパーが売っていました。
ホーザンのケーブルストリッパーに似ているのですが、別のメーカーでした。

 

「あれあれ、1.6と2.0の電線の被覆を剥ぎ取る穴が1個ずつしかない!!」
そうなんです、気をつけないと「安かろう悪かろう」に引っかかってしまいます。

 

下の写真をご覧ください。
私が推奨しているホーザンは、1.6と2.0の電線被覆を剥ぎ取る穴が3個ずつあります。
(注)ホーザンでも一つ前のタイプは、2個ずつしかありません。安い場合は、注意!!
ホームセンターで売っていた工具を使うと作業量が3倍かかってしまい、大幅に時間をロスしてしまいます。

 

あと電線の被覆を剥く所だけでなく、ケーブルを剥く所も何心用があるか注意してください。

 

ただでさえ時間のない技能試験なので、工具でお金をけちると不合格になって、もっと大変なことになってしまいますので、注意してくださいね。

 

keburu-sutorippa

【スポンサードリンク】出張時ホテル予約は最安値で宿泊しちゃいましょ!プライベートもOK

 

『トリップアドバイザー』

『トリバゴ』

 

関連記事

  1. 電線のみバラ売り通販
  2. 平成29年(2017年)筆記試験
  3. 技能(実技)試験 一週間前
  4. 技能試験 製作時間
  5. 「リングスリーブ大」必要?圧着ペンチ
  6. 難易度(合格率)
  7. 工具と材料の購入時期
  8. 講習会一覧(筆記・技能)
  9. 工具(ホーザンストリッパー)と電気材料の購入方法

トラックバックURL

http://denkikoujishi.net/keburusutorippa-erbikata/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です