第二種電気工事士(筆記・技能試験)【合格への勉強方法】

コンセント記号の覚え方

コンセント記号っていっぱいあって覚えずらいですよね。
こんないろいろな形の記号を
「どうやって覚えれよう?」
と困っている人もいるのではないでしょうか。
参考書には書かれていないのですが、よ~く見ると規則性があります。
下記の5つの事を覚えて置いてください。

  1. 刃受けが縦だったら、「単相100V(定格125V)」
  2. 刃受けが横だったら、「単相200V(定格250V)」
  3. 刃受けが真っ直ぐだったら、「15A」
  4. 刃受けが90度に折れ曲がっていたら、「20A」
  5. 刃受けがあちこちの向きだったら、「三相200V(定格250V)」

上記の5つが基本です。
あとは、これにアースや抜け止めなどが加わるだけです。簡単ですよね。

 

コンセント100V-15A

単相100V(定格125V)、15A

刃受けが縦で、真っ直ぐですよね。

家庭用のコンセントと一緒です。

コンセント100V-20A  

単相100V(定格125V)、20A

刃受けが縦で、90度に折れ曲がってます。

コンセント200V-15A  

単相200V(定格250V)、15A

刃受けが横で、真っ直ぐですよね。

コンセント200V-20A  

単相200V(定格250V)、20A

刃受けが横で、90度に折れ曲がってます。

コンセント三相200V

三相200V(定格250V)

刃受けがあちこちの向きになっていますよね

【スポンサードリンク】出張時ホテル予約は最安値で宿泊しちゃいましょ!プライベートもOK

 

『トリップアドバイザー』

『トリバゴ』

 

関連記事

  1. スイッチ「確認表示灯」と「位置表示灯」
  2. 最小電線本数問題の解き方
  3. 一般用電気工作物の出力の覚え方
  4. 絶縁抵抗値の暗記方法
  5. 配線工事場所の覚え方
  6. 分岐回路ブレーカーの距離緩和
  7. ブレーカー・電流・コンセントの関係
  8. 電流減少係数の覚え方
  9. 合成インピーダンスの計算方法
  10. 合成抵抗計算公式の覚え方

トラックバックURL

http://denkikoujishi.net/konnsenntokigou/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です