第二種電気工事士(筆記・技能試験)【合格への勉強方法】

免状の交付申請

一週間前ぐらいに、第二種電気工事免状の交付申請に行ってきました。

 

でもあれですよね、第二種電気工事の勉強って、参考書や問題集、工具に電材など結構お金がかかりますよね。
「やっと合格した!」と思ったら、今度は交付申請で県の収入証紙代で、5200円必要と書いてありました。
「ん~・・・」
「まあしょうがないか、これで最後だし」と思う事にしました。

 

また申請方法が「めんどくさい!」
手続きが複雑とかではないんですが、申請に必要な県の証紙が市役所や郵便局で売ってないんです。
あと郵送とかでは受け付けてくれず、本人か代理人が電気工事工業組合にいかなければならないんです。
しかも平日の9時~17時に。
この資格を受けている人は、ほとんどが仕事で平日働いているのに・・・
「あ~、めんどくさい。なんとかしてくれ!」って思っちゃいました。

 

まあ何はともあれ申請したので、3週間ぐらい待てば免状が郵送で送られてきます。

【スポンサードリンク】出張時ホテル予約は最安値で宿泊しちゃいましょ!プライベートもOK

 

『トリップアドバイザー』

『トリバゴ』

 

関連記事

  1. 技能試験間近!裏技対策も忘れずに・・・
  2. 平成30年度(2018年度)のスタートです!
  3. 平成30年(2018年)あけましておめでとうございます
  4. 筆記試験に受かる方法
  5. 平成29年度下期筆記試験まで1ヵ月前
  6. 電気工事実施の動画でのお勉強
  7. 平成29年(2017年)上期技能試験終了
  8. 平成29年度(2017年)上期筆記試験 終了!
  9. 技能試験を2017年(平成29年)にアップ完了!
  10. 平成29年(2017年)用の参考書・材料・工具

トラックバックURL

http://denkikoujishi.net/mennjyoukoufusinnsei/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です