第二種電気工事士(筆記・技能試験)【合格への勉強方法】

難易度(合格率)

第二種電気工事士を受けようと思っている人が、最初に気になるのが難易度ですよね。 受けるからには受からないと意味がないですよね。 ただ難易度とは人によって感じ方が変わってくるものなので、表現がしずらいです。

 

なので筆記試験と技能試験別に過去5年間(上期・下期)の合格率を下記します。 このデータは、「一般財団法人 電気技術者試験センター」の値を引用させて頂いています。

   筆記試験 技能試験
受験者 合格者  合格率 受験者 合格者 合格率
平成23年度  95,075  59,979  63%  75,295 52,341   70%
平成24年度  99,725  58,036  58% 75,205  53,082  71%
平成25年度  109,564  68,388  62%  84,181  64,000  76%
平成26年度  105,528  62,272  59%  77,881  57,751  74%
平成27年度  118,449  69,704 59%  84,072  59,441  71%
【スポンサードリンク】出張時ホテル予約は最安値で宿泊しちゃいましょ!プライベートもOK

 

『トリップアドバイザー』

『トリバゴ』

 

関連記事

  1. 電線のみバラ売り通販
  2. 平成29年(2017年)筆記試験
  3. 技能(実技)試験 一週間前
  4. 技能試験 製作時間
  5. ケーブルストリッパー選び方
  6. 「リングスリーブ大」必要?圧着ペンチ
  7. 工具と材料の購入時期
  8. 講習会一覧(筆記・技能)
  9. 工具(ホーザンストリッパー)と電気材料の購入方法

トラックバックURL

http://denkikoujishi.net/nanido/trackback

1件のコメント »


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です