第二種電気工事士(筆記・技能試験)【合格への勉強方法】

候補問題の製作手順

候補問題を作るにあたって最初に迷うのが、「製作手順」ではないでしょうか? 大きく分けて手順は2つあります。

  1. すべてのケーブルの切断・被覆剥ぎをしてから器具を取付る
  2. ケーブルの切断、被覆剥ぎ、器具取付けを一つずつおこなう

私は最初「1」の方法で進めていましたが、最終的に「2」の方法に変えました。
「1」の方法は、工具の持ち替える回数が少なく時間短縮になります。
多くの参考書でも「1」の方法が書かれています。
ただ、いざ器具を付けようとすると
「どのケーブルだっけ?」
と迷う事があります。

 

「2」は工具を持替える回数が多くなりますが、着実に1個1個が完成していきます。
本番の技能試験では、なかなか平常心では作業ができません。
早く作る事も大切なのですが、ミスや迷う事が少なくて済む
2.ケーブルの切断、被覆剥ぎ、器具取付けを一つずつおこなう
の製作手順のお勧めします。

【スポンサードリンク】出張時ホテル予約は最安値で宿泊しちゃいましょ!プライベートもOK

 

『トリップアドバイザー』

『トリバゴ』

 

関連記事

  1. 候補問題きれいに作るか?
  2. 技能試験 作業時間の目標
  3. 絶縁被覆挟み込みの裏技手直し方法
  4. 作業スペースと板紙
  5. リングスリーブ圧着のコツ
  6. きれいに素早く接続するコツ
  7. VVR介在物の取り方のコツ
  8. コネクタ接続は時短のチャンス
  9. 失敗した時の対策
  10. 時間短縮!手数を減らす裏技

トラックバックURL

http://denkikoujishi.net/seisakutejyun/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です