第二種電気工事士(筆記・技能試験)【合格への勉強方法】

きれいに素早く接続するコツ

電線の接続をきれいにすばやく接続するコツをしっていますか?
リングスリーブやコネクターの接続で手間取っていたら時間短縮はできません。
技能試験では作品の仕上がりが「きれい」、「汚い」は採点されませんが、どうせならきれいに仕上げたいですよね。
試験官も人間なので、きれいに仕上がっていたら、細かくチェックしない可能性も十分にあります。
下のやり方を参考にしてください。

 

attyakusagou-1

こんな感じで電線があちこち向いていたら、リングスリーブで圧着しようとしても、他の電線が邪魔になって素早く圧着できません。

私も最初は、こんな風にやっていて「あたふた」していました。

 attyakusagyou2

まず器具を接続したら、反対側のリングスリーブ圧着やコネクター接続する側の電線は、180度折り返しておきます。

 attyakusagyou3

接続する電線だけを90度おこして、接続(圧着)します。

 attyakusagyou4

接続(圧着)し終わったら邪魔にならないように、また倒します。そうすることにより素早くきれいに接続することができます。

 

【スポンサードリンク】出張時ホテル予約は最安値で宿泊しちゃいましょ!プライベートもOK

 

『トリップアドバイザー』

『トリバゴ』

 

関連記事

  1. 候補問題きれいに作るか?
  2. 技能試験 作業時間の目標
  3. 絶縁被覆挟み込みの裏技手直し方法
  4. 作業スペースと板紙
  5. リングスリーブ圧着のコツ
  6. VVR介在物の取り方のコツ
  7. コネクタ接続は時短のチャンス
  8. 失敗した時の対策
  9. 時間短縮!手数を減らす裏技
  10. 電線切断の時間短縮裏技

トラックバックURL

http://denkikoujishi.net/setuzoku/trackback

1件のコメント »


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です